人事・労務管理に関するご相談はおまかせください

メンタルヘルスへの対応

 近年、仕事に関して強い不安やストレスを感じている労働者が拡大傾向にあります。 また、うつ病などの精神障害等の労災認定件数も増加しています。心の健康問題は、労働者やその家族、他の従業員だけでなく会社の業績にも影響を及ぼす可能性があります。いまや、会社におけるメンタルヘルス対策は必要不可欠なものになっています。そこで貴社に適したメンタルヘルス不全の傾向のある社員への対応と措置について労務管理上必要なアドバイスを行って参ります。
 またご希望によっては社員とその家族も含めたケアが必要な場合にはメンタルヘルスケアに取り組む専門機関や専門家との提携により、職場における心の健康づくりをサポートいたします。
 顧問社会保険労務士を仲介として企業は、医療関連機関と社会保険労務士の双方から従業員の労務管理に対する業務フォローを受けることが可能になります。 


社会保険労務士によるメンタルヘルス対応を含めたサービス

 従来の社労士業務では、休職規定や普通解雇の規定等の整備や、保険給付の申請手続きが中心でした。
 休職中の労働者への対応や初期のうつ病の労働者への対応、そして従業員の職場復帰後のケア、また、会社組織にある潜在的な問題点の早期発見や解決の部分は、充分な対応がかなわない現状がありました。
 しかし、顧問社労士は事前に担当企業の業種やその業務の特徴を理解しています。
顧問の企業に適合するだろうメンタルヘルスの専門機関の選択やカウンセラーと協議の上、担当企業にうつ病発症者への適切な労働管理や安全配慮義務について検討することが可能だと考えます。
 よって、以下のような業務を医療関連機関による組織診断の結果や、従業員へのカウンセリング等の結果により企業組織が抱える現在も労務管理上の問題点についても改善して参ります。

mental.jpg